スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜好きな娘を見て思った事。 (4歳3ヶ月)

野菜が大好きな我が娘。
直売所へ行くと、おもちゃ屋さんのように喜びます^^;

「うぁ~ウリだぁ~浅漬けにして!」
「インゲン買って!」
「あっ、オカヒジキだぁ!」

こんなにハイテンションな子供もいないので、農家のおじさん達に美味しい野菜の見分け方を教えてもらえたり、争奪戦になる完熟トマトを代わりに取ってもらえる母さんです。ありがたや。


近所のおじさんにも野菜好きが知られているので、採れたてのキュウリやオクラを山盛り頂きます。
飛び跳ねて喜ぶ娘^ ^

住んでいる地域は区画整理された住宅街ですが、地元のリタイヤ組と移り住んで来た若いファミリー組が半々ぐらいです。

散歩をしていれば声を掛けられ、雨が降ってくれば洗濯物が濡れるからと教えてくれ、カラスにゴミ袋をやられればスッと自分の家の袋を持って来て片付けてくれる。

そんな近所付き合いが残っています。


子供を授かる事ができた今、ここで暮らしていける事を幸せに感じます。

そんな事を、オカヒジキのお浸しをムシャムシャ食べる娘を見ながら思った母さんでした^ ^




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます(*^_^*)

オカヒジキを知っている娘ちゃんも凄い!(^^)

ほんと、子供が出来てから特に環境って大事だなとシミジミ感じます。
ともかさんの環境、うらやましいです!

今私が住んでいる所は、同じアパートの住人もよく分からないほど、関係が薄いです( ;´Д`)
おばあちゃんおじいちゃんとはよく話すものの、その場限りの関係だったり。

転勤族だから長くはいないと分かっていても、なんだか寂しいものです。
震災の時は近所で助け合って助かった話なんかを聞くと、少し危機感が出てきます。

edimamaさんへ♪


> オカヒジキを知っている娘ちゃんも凄い!(^^)
渋過ぎですよね(笑)

> 震災の時は近所で助け合って助かった話なんかを聞くと、少し危機感が出てきます。
そうなんですよね。
震災の時は両親が一緒にいてくれたので良かったですが、スーパーは長蛇の列の争奪戦で娘を連れての買い物は危険だし、ガソリンスタンドは2、3時間待ちで父に並んでもらい、私の足代わりですがなるべく車を使わないようにしていました。
夫は職業柄、震災等になったら絶対休めない仕事なので、正直当てにはできません。
市の緊急時の支援希望者の申し込みもしましたが、ボランティアさん頼みなので未だに決まっていません。
両親は遠いので、ヘルパーさんとの繋がりは大切だと思い、週に2回だけ頼むように再開しました。
町内会の掃除やお祭り、日々の挨拶を通して、「ここに私達がいますよ〜」ってことだけでも、知っていてもらうことって大切だなと思っています。
管理人 ともか

ともか

Author:ともか
7歳年上の旦那様と長女の3人暮らし。

モンテッソーリの保育園に通っている長女が、色々な事に興味を示す様な環境作りをしていきたいと思っております。


☆車椅子母さん ともか☆
北海道の大学在学中19歳の頃、交通事故で頚椎損傷になりました。
3年のリハビリを経て、復学、卒業し、小売業に就職。
会社で知り合った先輩と2000年に結婚しました。

車椅子で子供を育てられるか自信がなかった事、転勤族であることで、子供のいる生活ができるか約10年考え、夫婦で話し合ってきました。

特に原因はありませんでしたが、お互いの年齢のこともあり婦人科に通院し、2009年に長女を出産しました。

現在は、保育園、ヘルパーさん、両親など沢山の方々に手伝っていただきながら、子育てをしているアラフォー母さんです。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
我が家の絵本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。