スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お友達との関わりに成長あり。 (4歳3ヶ月)

保育園の先生から、「最近、同年齢のお友達とよく遊んでお喋りしてますよ。」と教えて頂きました。

毎日、お友達作戦を続けていますが、少しずつ変化が出てきました。(過去記事「保育園児と友達になろう。」)


・母さんが他の子とお話ししてもヤキモチを焼かなくなりました。
娘が帰る時間は早い方なので、時々お友達がお母さんを思い出して泣いてしまう事があるのですが、「○○ちゃんのママも、もうすぐ来てくれるからね、待っててね。」と言う娘。
自分では「お母さん」と言うので、その言い方は赤ちゃんに対して言っているようで、ちょっと笑えます^_^


・今までは、同じ空間にいてもお互いが好きな事をやっていて、迎えに行くと何も言わずに走ってきました。
最近は、みんなで役割を決めてごっこ遊びをするようになり、帰る時は、「○○ちゃん、お母さんが来たから先に帰るね、バイバイ!」と声をかけれるようになりました。


・食事中は、お友達がプリキュアが大好きなのでその話題が多いらしく、娘は観てないので、「お友達のお話が分からなかったら、テレビを観せてあげるけど?」と聞いてみましたが、「あっいいの!正義の味方が出てくるってことは、怖い人が出てくるでしょ?それに、お友達のお話で分かるから!」ですって。

何とも、クールなご回答で^^;


ちなみに、テレビで怖いシーンになるとこんな風になります。






何はともあれ、一つ成長して良かったです^_^





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人 ともか

ともか

Author:ともか
7歳年上の旦那様と長女の3人暮らし。

モンテッソーリの保育園に通っている長女が、色々な事に興味を示す様な環境作りをしていきたいと思っております。


☆車椅子母さん ともか☆
北海道の大学在学中19歳の頃、交通事故で頚椎損傷になりました。
3年のリハビリを経て、復学、卒業し、小売業に就職。
会社で知り合った先輩と2000年に結婚しました。

車椅子で子供を育てられるか自信がなかった事、転勤族であることで、子供のいる生活ができるか約10年考え、夫婦で話し合ってきました。

特に原因はありませんでしたが、お互いの年齢のこともあり婦人科に通院し、2009年に長女を出産しました。

現在は、保育園、ヘルパーさん、両親など沢山の方々に手伝っていただきながら、子育てをしているアラフォー母さんです。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
我が家の絵本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。