スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CTP 「I Am Special」を通して気づいた事。 (4歳2ヶ月)

「お母さん~今日はこの絵本を日本語で沢山お話しようよ!」と持ってきたCTP絵本。




この本には、歩行器を使った男の子が絵を描いているシーンがあります。
このページだけで、かなりの時間を割いてお話をしました。

「見て!この子の歩行器はお母さんのとちょっと違うよ。ほら、タイヤがついているでしょ。」
「パレットが歩行器についているから、お散歩行ってもお絵描き出来て良いね!」
「すごいね!かっこいいね!」


「大変だね。」「かわいそうだね。」なんて言う気持ちも言葉も出てこないところが我が子らしい。


彼女の周りでハンディを持っているのは母さんだけではありません。

園にも、様々なハンディを持った子や親がいます。

ハーフの子もいるから、肌、目、髪の色が違う人がいるのも知っているし、世界の中で日本人がほんの一部だってことも知っています。


その他には、外国には靴を履いたまま家で過ごす人がいるけれど、部屋はドロドロにならないかな?お風呂に入った後も靴を履くのかな?…など色々興味があるようです。


お話しをした後は、英語で読んでチャンツに合わせて、満足して寝ました^_^



にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人 ともか

ともか

Author:ともか
7歳年上の旦那様と長女の3人暮らし。

モンテッソーリの保育園に通っている長女が、色々な事に興味を示す様な環境作りをしていきたいと思っております。


☆車椅子母さん ともか☆
北海道の大学在学中19歳の頃、交通事故で頚椎損傷になりました。
3年のリハビリを経て、復学、卒業し、小売業に就職。
会社で知り合った先輩と2000年に結婚しました。

車椅子で子供を育てられるか自信がなかった事、転勤族であることで、子供のいる生活ができるか約10年考え、夫婦で話し合ってきました。

特に原因はありませんでしたが、お互いの年齢のこともあり婦人科に通院し、2009年に長女を出産しました。

現在は、保育園、ヘルパーさん、両親など沢山の方々に手伝っていただきながら、子育てをしているアラフォー母さんです。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
我が家の絵本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。